REBORN

知ってます?

今、道後温泉、絶賛改修工事中なんですけども。

改修工事中でも営業はしているんです。
先日、そんな変革中の道後にお邪魔してきたので
ご紹介してみようと思います。

道後REBORNプロジェクト

参照:道後温泉公式サイト 

ありゃなんだね・・・?

というのが率直な感想。
見慣れた道後温泉本館に、なんか覆いかぶさってる・・・
ちょっと、サーカスのテントみたいでかわいい。

実はこれ、
ラッピングアート、というものらしいですよ。
工事のために建てた素屋根を取り囲む仮囲い、
そのまんまむき出しで作業するのではなく、
工事中も景観を楽しもう、とフォールアートを設置するそうです。

そしてなんと、その完成お披露目が本日なんです。

我が家が訪れた数日前は、今日のお披露目に向けて
3連休返上で急ピッチで作業が進められているところでした。

思いっきり囲まれちゃってる道後温泉。

おお!おおう!
火の鳥だな!なんか、火の鳥現れてくるな・・・!

大興奮。

何気にこんな偉大な方もおはします。
道後の湯に浸かったとかなんとか。

工事ご覧になっておはします。
シュール。

ちなみにこの遠景はこちらで撮影。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

空の散歩道

なんと、足湯に浸かりながら道後温泉を上から眺めるという贅沢。
写真を撮ろうと思ったのですが、3連休で人がたくさんいて
さすがに人がいっぱい移っちゃいそうだったので・・・

こちらの散歩道には、小さいながらもとても情緒あふれるこんなものがところどころに配置されています。

松山出身の正岡子規の句がたくさん。

ちなみにうちの小学生は、
「あ、またのぼさん。」
なんて反応してました。友達かよ。
子規さんのこと、のぼさん、とナチュラルに呼ぶあたり、さすが地元っ子。
恐るべし、地元学習の成果。

ちなみにこちらからは道後の街が一望できるのですが、

道後温泉本館の奥に見える茶色い建物が、大和屋本店さん。
我ら夫婦が結婚式をしたホテルでもあります。
芸人さんの友近さんが仲居さんをされていたことでも有名です。
その友近さん、今日のお披露目イベントのゲストみたいですよ。

ちょこっと見えてる八角屋根、あれが飛鳥の湯です。

道後温泉周辺散策

道後温泉本館の東側広場・振鷺亭(シンロテイ) にも興味深いものがたくさん。

夏目漱石の小説「坊ちゃん」の舞台でもある松山。
ここでも坊ちゃん推し。

裏面にひっそりお詫び。

ん?ベンチ中央にあるこりゃなんだね・・・??

エコ充電??

実はこれ、上のガラス面みたいなところが、ソーラーパネルなんです。
何気に日照時間が全国トップクラスの松山市。
こちらで電気をつくって蓄電し、無料で携帯の充電ができるんです。

この日はあいにくの雨でチャレンジできませんでしたが、
各社対応のケーブルも用意されています。

歩き回って、携帯で写真撮りまくっても、
こちらでベンチで休憩しながら道後温泉本館を眺めつつ、エコ充電が可能。

なんて親切シティー松山!!

広場の外れにひっそり佇む彼。

道後温泉を設計した彼。
外れからひっそりといつも道後温泉を見守ります。

道後商店街へ

こんなすてきなお店たちを通り過ぎ、中ほどまで進むと、
いま話題のこちらがあります。

おっけーぐーぐる!
マツコさんが感心してた、ローソン。

ここを通り抜けると、もうひとつのお目当てだった、飛鳥の湯です。

飛鳥の湯

なんだなんだこのどでかい赤いのは!

入ってみた。

赤の中から飛鳥の湯。

この日は終日満室でした、飛鳥の湯。

でも外の広場でこんなんやってたので、我が家も張り切って参戦。

こちらで短冊に願い事を書いて、

こちらにお湯かけながら願います。
ちゃんと温泉でした、このお湯。

広場にはこんなものもあったり

お向かいには昔からある大衆浴場の、椿の湯がありますが、
その壁面もなんだか趣が。

お土産は

我が家は空港や駅、観光地では必ずじゃこ天を買って帰ります。
激うまなんだもの。
道後には谷本蒲鉾さんが出店されていて、その場でもらって食べ歩きもできますよ。

また、道後で私が一押しなのが、芋屋金次郎道後店さん。
こちら、ほんとは高知のお店だと思うんですが・・・でもほんと、こちらのいもけんぴは絶品!!
普段でも、お持たせはこちらで、となることが多い、お気に入りのお店です。

道後よいとこ一度はおいで

工事中でレアだから・・・って久しぶりに道後を訪問しましたが、
一日一家で満喫しました。
息子もだいぶ地元のことを学校で習っているので、
下手したら私よりも詳しいこともあって。

道後温泉の入り口、いまこっちだよ!とか。

工事でどんどん景色も変わっている今、
ちょこちょこ遊びに行きたいなーと改めて感じた地元民でした。

人気ブログランキング
ブロトピ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする