2017夏旅~松山から柏島へいくには?~

2017夏旅③、いよいよ本編突入。(やっと・・・!)

1日目は、松山から直接柏島を目指します。

我が家のとったルートは、松山自動車道~宇和島自動車道~国道56号線で愛南町を経由、高知県宿毛市で国道321号線~大月町柏島県道43号線 です。

距離にしてざっと180km、予想時間は3時間10分ほどです(休憩含まず)。

松山から宇和島方面へ向かう松山自動車道には、あまりSA・PAがありません。

それもかなり松山寄りの地域にしか、ありません。

なぜならば、大洲松尾出口より先は無料区間だから。

ありがたいですねぇ!

高速道路上にSA・PAがないとはいえ、要所出口では、出入り口すぐの場所に道の駅が点在していて、特産品などの品ぞろえも豊富、ごはんもおいしいで有名な道の駅ぞろいです。

時間があるときには、南予方面の道の駅巡りをしてみるのも楽しいかも。

しかし今回は明確に行き先も決まっていて、それも180km先まで行かなきゃいけないということで、

とりあえずはびゅーんと、宇和島道路を経由して国道56号線までは一気に進みました。

とりあえず愛南町辺りでお昼を食べようか、と話しながら

国道56号線に出ると、わりとすぐに進行方向右側に現れるお店、

宇和島市津島町にあります、手打ちうどん もく兵衛 さん。

あ、おうどん、と思いながらも一度は通り過ぎたのですが、

こちらのお店、実は以前i-chieの両親と愛南町を訪れた際に、父がお勧めしていた、カレーうどんが有名なお店だ!と思い出し、Uターンして戻り、お昼はこちらで頂くことにしました。

標榜のとおり、訪れるお客さんの8割が注文するというのが、こちらの名物のカレーうどん。

とってもアツアツなので、やけどに注意!

この日は旦那は初めてこちらを訪れたので、カレーうどんを注文し、

一度来たことがあるi-cheと息子は他のものを食べてみようということで、

i-chieは肉うどん、息子はざるうどんを注文。

残念ながら写真を取り忘れてしましました・・・

が、お味はとっても美味しかったです。

こちら、1人前の量が少し多めです。

我が家は普段は父・大盛、母と息子・1人前で注文し、息子の余った分を父が平らげてちょうど、といった腹具合なのですが、

今回は偶然それぞれ1人前を頼んでしたところ、i-chieも全部食べ切るのが精いっぱいという量。大盛がなくても父プラス息子の残り分で、大盛人の父も満足の量だった模様。

とっても満足して再度出発です。

途中、愛南町でディスカウントストアに立ち寄りました。

i-chie、メイク道具忘れてきたってよ。

そーなんです。朝お化粧したらすっかりそのまんま、

お化粧ポーチを置いてきたんです・・・

そこで、たまたま目についた「ディスカウント」の文字に誘われて立ち寄ってみたのですが。

松山にはない店舗だったのですが、食料品から日用品、家電製品まで取り揃え、どれもお安い。あのお店、松山にも進出しないかなぁ。

おかげですべてのメイク道具が安く揃えることができた上に、

息子のシュノーケルや、もう1つ大人用のうきわをゲット(後にこれらが大活躍)。

それどころか、今回の旅に関係のない、普段使いのあれやこれやまで、

いやー!これやすーい!の連呼でたくさん購入。

トランクに旅の荷物がなかったら、最新型リビング扇風機も購入していたと思われる・・・

なんとかリビング扇風機買いたい欲求を抑えて、

各々の水筒にドリンクを補充して、再出発。

宿毛市を経由して、順調に柏島まで。

このルートだと、険しい道もなく、海や山を経由しながら景色もとてもよいので、道中も景色だけでも飽きることなく過ごせました。

お昼や途中の買い出しなども経由して、移動時間、実に4時間30分。

ようやく、柏島到着です!

が、続きは次の記事で☆

次記事では、我が家流・柏島de海水浴 攻略法 をお伝えします。

人気ブログランキング
ブロトピ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク