ドライブ旅行のすすめ~我が家のスタイル~

2017夏旅②です。

今回は、出発前、旅の準備についてです。

我が家のドライブ旅行のスタイルをご紹介します。

我が家の車は、カローラスパシオです。

5ドアの一見5人乗りの車に見えますが、実は法定定員は7名。

ですので、3列目にあたるトランク部分は結構余裕があります。

結構な荷物を載せても大丈夫。

我が家ではドライブ旅行のときにはいつも、トランクにクーラーボックスを載せています。

今回も、2リットル入りペットボトルのお茶@2本、ミネラルウオーター@1本、コーラ@1本を入れていきました。

各々が水筒を持参し、クーラーボックスから補充しながらの旅になります。

以前は立ち寄った先で500mlペットボトル飲料を購入したりしていましたが、

飲料代の出費がバカにならないことと、行く先々で子どもがついでに他のものも欲しがったりとめんどくさいことが多かったので、今はこのスタイルです。

おやつも、事前に購入したものを持参します。

旅先ではどこのお店が安いとか把握できなかったりしますが、地元のお菓子が安いと定評のあるドラッグストアで事前に購入することで、食べ過ぎたり、余分なついで買いなどがなくなりました。

せっかくの旅ですが、終わってみれば目的地以外での出費、主にSAでの衝動買い、バカにならなかったんですね我が家。

でもこのスタイルになってからは、余計なストレスを感じることもありませんし、ジュースもおやつも事前に用意してあるので、子どもも計画的に摂取するようになりました。

ただし、少々注意点があります。

今回、コーラを持参していますが、炭酸飲料はステンレス製の水筒には入れてはいけないようです。

我が家では炭酸飲料はプラスチック製のスクイズボトルに入れて、それを小さめの保冷バックに入れて座席に完備するようにしています。

また、夏場のチョコは大惨事を招きますので、保冷バック。我が家では、飴とグミも夏場は保冷バックです。夏場の車内は少し離れただけでもものすごい温度になりますからね。

今回は1泊分の荷物に加え、2日分の海水浴用の荷物もあり、それは大量の荷物だったのですが、すべてトランクに入りました。

荷物がすべてトランクに収まれば、あとは快適な車内づくりです。

まず、助手席のヘッド部分を外します。こちらは松山でお留守番。

そして助手席を倒すと、テーブル状態になります。

そこに低反発座布団を敷いて簡易物置・時には足もあげるよ(むくみ対策)場にします。

普段はこんなことしませんが、長距離ドライブのときのみね。

後部座席には、普段出さないドリンクホルダーを常に出します。

運転席後ろは子どもの定位置。親は交代で運転席か、助手席を倒してゆったりした左後部座席です。

そして、低反発クッションを2つ持参します。

子どもが寝た時には横になって枕として使用しますし、起きているときでも、後部座席でシートベルトが苦しい時などにクッションをかませてみたり、足の下に敷いてより足を高くしたりと、大活躍です。

以前は子どものネック用のクッションを持参していましたが、チャイルドシートをしなくなった今は、クッションで完全に横になって寝るほうが疲れが取れるようです。

チャイルドシート時代にはネッククッション、大活躍でしたよ。

そして夏場の暑さ対策として、後部座席に車用の扇風機を取り付けています。

スパシオはクーラーの吹き出し口が前座席にしかありません。

後部座席まで冷えるにはかなり時間がかかるのですが、この扇風機ひとつで、あっという間に空気が循環して冷えます。

最初の5分程度回せば十分です。あとはスイッチを切っても大丈夫。

我が家のカーナビはシガーソケットから電源を取るのですが、この車用扇風機も、シガーソケットからの電力供給になります。

扇風機は少しの時間のことなので、付け替えたのでもいいのですが、いちいち抜き刺しするのも面倒なので、今回はダイソーにて、2口シガーソケットを購入しました。ダイソーですが、200円商品でしたが、あれば楽です。

我が家では実はもうひとつ、シガーソケットから充電するものがあるのですが(こちらのほうが扇風機より使う)、それがポータブルDVD再生機。

専用のアクセサリーで運転席のヘッド部分に取り付けて、子どもが道中観てます。

また、めったにありませんが、携帯の充電がどうしてもなくなったときもシガーソケットから充電できますので、やはり2口ソケットはあれば便利かと思います。200円ですし。

さあ、これでやっと出発です!

・・・・という出発前夜、プチハプニングが。

さて、お茶やおやつの買い出しに行こう、と車のエンジンをかけたところ、

かからない。

バッテリーがあがってしまいました。

最近のバッテリーは性能がよくなっている分、ギリギリまで働いて、あまり予兆がないそうです。

今回もほとんど予兆がないまんま、突然のバッテリー切れ。

運よく、お世話になっている近所の自動車工場がすぐに対応してくださり、翌朝の出発には支障がありませんでしたが、

これ、前の日だったからよかったものの、当日の朝とか、最悪、旅先の、どこだかもよくわからない電波の届かない山奥とかだったらほんともう最悪でした。

長距離ドライブ前の車の整備・点検の重要さを改めて実感。

みなさんも、日ごろからのメンテナンスはもちろんですが、長距離ドライブ前の点検は特に念入りに!

次回より、ようやく出発、旅の始まりです。

人気ブログランキング
ブロトピ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク